上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

 


 
昨年入荷した四川ツノボソのWF1メスが羽化してきました。
 4メス羽化していて、写真の個体が最大の32ミリです。横の小さいのは24ミリです笑 
オスはまだ幼虫やってまして、写真の個体はワイルドの親オスです。
親は小さかったので大歯型がどうなるか気になりますね。幼虫は、台湾ツノボソよりも大きく感じます。
 
四川省のツノボソは色々調べましたが画像が見つからず、(パラパラ見た範囲ですが)新しい中国クワガタ図鑑にも載ってませんでした。なので形状は未知と思われます。(四川ツノボソの画像を見かけた方がいましたらご一報いただけますと幸いです)
メスを見る限り台湾ツノボソに似てそうですが、オス幼虫サイズがでかいのが気になりますねぇ。
個人的には、ミャンマーのツノボソのような内歯が上がる形状になってほしいですね。羽化が待ち遠しいです。
スポンサーサイト
|10/08| 未分類コメント(0)TB(0)



 
1月に幼虫ペアで買ったグランディスコフキが、奇跡的に羽化していました。
何故奇跡的かというと、自分はカブトムシの飼育が超下手くそで未だに感覚がよく掴めていません…。クワガタとは全然感覚が違っていて、苦戦しています(^_^;)
ビコルニスが全然産まなかったり、ヨツボシ失敗したり、ピンギスもこけたり(これはセットが悪かった)。
去年のバックレイコフキも、結局卵は割り出し7個確保し、繭玉は4個あったので多分10個以上は産んでいたと思いますが、4月頃に割り出したら暴いた卵も繭保存も全部腐ってました…😱
まぁカブトムシは去年から始めたばかりで、最初から上手くいくはずないのでこれから数をこなして感覚を掴んで行くしかないですね(^_^;)
 
という事情があったりで、「カブトムシ殺し」状態だったのですが、グランディスコフキも音沙汰なかったので幼虫全滅してるかなぁ…と思って掘り出したんですね。
その結果が写真でした。小さいんですが、とても綺麗です。
初めてコフキヒナカブトの新成虫を見ることができて、とても感動しています😭
 
蛹室にいたので、とりあえず埋め直して自力ハッチしてくるまで待ちます。
時期的に今の気温なら常温でブリードできそうなので、冬が来る前にセットを組みたいですね。
 
メモ用にラベル書いておきます。
 
グランディスコフキ
産地:エクアドル・エスメラルダス県
累代:WF3
羽化確認:2016/10/06



エクアドルの小さくてかっこいいオノレクワガタWF1が羽化してきました。
青みがかったボディと翅に走る赤いライン、反り上がった顎と個人的な好みがドストライクな虫です笑
 
標高3000メートル前後に生息する虫なのでワインセラーで低温管理していましたが、実験で何頭か室温管理していた幼虫が早期羽化してきました。(1頭は腐海になっていましたが)
知人のところに送った幼虫も羽化しているようです。ちなみに繭玉を形成します。
 
飼育は、南米種の中では難しくない方だと思います。
次はF2を目指して累代します。
 
今年も面白い南米種入ってこないかな~


大手町インセクトフェアへ行ってきました。
去年に続き、二回目の参加です。
やはり日本最大のインセクトフェアということもあり、来場者数が凄かったです。私は11時ぐらいに大手町に到着しましたが、会場の外まで人が並んでいました。関西ではこんな光景見たことないですね。
ツイッターの色々な方にお会いでき、とても楽しい一日でした。皆様、ありがとうございました。
 
さて、戦利品のご紹介です。
タイトル通り、台湾のオオマルバネを購入しました。
今年は台湾の虫が少ないそうで、例年沢山取れるミヤマ等もあまり取れてないそうです。どうも冬に強い寒気が流れ込んだ影響か、台湾の生態系に影響が出ている模様です。私が以前冬の台湾に行った時は1月の台北で17度ありましたが、今年は2~3度まで下がって平地でも雪が降ったみたいですね…。
その為、今年の台湾便は少ないみたいです。オオマルバネも8月の短期間にしか出なかったようですね。
帰宅後、早速セットを組みました。赤枯れは極力使わない方向で取りたいですね。
 


あと、終盤にWDヤクオニが安売りされてたので買っちゃいました。1オス3メス笑
いまセットしているものがどうもこけてそうなので追加しました。
WDだそうですが、7月採集になってるので幼虫採集品の羽化個体なのかもしれませんね。お腹もかなり肥大化してるので…。
時間がなくてセットできてませんが、早めにセットしようと思います。
その他、写真はないですが採集道具や飼育用品を購入しました。標本は台湾ミヤマとワリックだけ…。
以上、大手町インセクトフェアの結果報告でした。


ご無沙汰しております。
仕事や個人的なストレスがたまり、虫のモチベが低下してしまって一時期全く見れてませんでした。結果、一部の種類を絶やしてしまいました…。今は、ちょっとずつ虫を復活しています。
 
先日、久々に虫部屋へ入ったところ、写真の個体が自力ハッチしていました。
去年の大手町で購入したヤエヤママルバネです。
確か幼虫5頭買った記憶がありますが、マットの実験に失敗して2頭しか残らなかったようです…(^_^;)
もう1頭は雌確定なのですが、まだ自力ハッチしていません。
しかし、マルバネの生体を自室で見たのは初めてですが、見れば見るほどカッコよさに惹かれますね…m(_ _)m
これが大歯だったらもっとカッコイイんだろうなぁ。
 
今年も大手町インセクトフェアが近づいてまいりました。
が、運悪く台風と重なってしまい、行けるか怪しいですね(^_^;)
とりあえず夜行バスの予約は止めて、様子見しています。割高になりますが、行けそうなら新幹線かな?(給料日前金欠状態なので行ったところで何も買えないような気がしますが)
もし参加できた場合、現地でお会いできましたらどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。