スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニクワ




 
 
6月の採集で思わぬ副産物(ヒメオオ)が採集できましたが、当時のメインはオニクワでした。
もちろん目当てのオニクワも採集しています。
 
 
採集したのは全て幼虫だった為、プリンカップに複数飼育していたら7月後半に成虫が上がってきました。
オスから先に自力ハッチし、少し遅れてメスも上がってきました。
 
数日ペアリングした後、セットを組んでメスを投入完了。産んで欲しいな。
本土オニも絶やしてしまったので、新たなラインで飼育再スタートです。
スポンサーサイト

ヒメオオ



 
更新の間が空いてしまいました。
 
  
6月にオニクワ採集へ同行させていただき、その際に副産物(あくまでメインはオニクワガタ)としてヒメオオが取れました。
オニクワは合計15ほど取れ、ヒメオオは三令幼虫と新成虫ペアを採集しました。
 
 
今回、新成虫ペアが活動を始めたので後食を確認後にペアリングしたところ、早速メイトガードを確認しました。なんとかブリードはできそうですね。
ちなみに、猛暑の影響で幼虫も羽化していますが、オスに偏りました。
  
ヒメオオは過去に失敗していますが、リベンジに挑みたいと思います。

ヨーロッパミヤマ(ケルブス)




 
ヨーロッパミヤマ(ケルブス)、幼虫を確保できました。
 
 
ワイルドはともかく、飼育品のミヤマは過去大失敗してるので何気に初成功でして嬉しいです。
(以前はユダイクスとエラフスでこっぴどくやられました…)
 
 
一度卵で何個か割り出した後、メスがあまり潜らなかったのでオスをおいがけのつもりでセットに入れたのですが、後日惨殺されてしまいました…。
 
 潜ってるところを見ないから産んでないと思いきや、卵も幼虫も出てきてビックリ。意外にも潜って産んでるみたいですね。
  
  
途中で惨殺されてしまったので、取れた数はなんとか二桁と言えるほどでした。
追いがけでオスを入れなければ、20以上は行けたかもしれませんね。
 
ちなみにオスは、2ヶ月以上経ちましたが猛暑に負けず元気に生きてます。

韓国キンオニ

 
 
危うく広告が出るところでした。
 
韓国産のキンオニの産卵セットに卵が見えました。
オニクワ系の産卵セットで卵が見えたのは実は初めてで、卵見えない系統のクワガタだと思っていただけにビックリです。
 
とりあえず坊主ではないことが確定したので一安心ですね。
 
 
ちなみにヤクオニのセットからは卵が見えていません。見えるのはキンオニだけなのかな…?

四川ツノボソ羽化

 
四川省ツノボソが蛹化・羽化してました。
 
確か2015年だかの初入荷?ワイルドペアを購入し、そこからの累代でWF2になります。
この系統は安定していて産まないメスやへんな偏りは今のところ出ていません。
先代であまり取れてなかったので、とりあえず2ペアは揃ってそうです。
 
別産地の四川ツノボソでは、なんとWF1にして10頭以上全部オスに偏るという事態に陥りました。
幸い、共通の産地を購入していた知人から貰った幼虫がメスで羽化したので何とかなりましたが。
 
その産地は、今セット中です。ただ、卵見えないんだよなぁ~…。
プロフィール

ナナシ

Author:ナナシ
クワガタムシの飼育をメインにしていますが、生き物全般が好きです。
採集もちょくちょく行きます。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
アクセス数
アクセスランキング
クリックお願いします♪
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。