上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
シェンクリン♂

シェンクリン♂

シェンクリン♀


※※※幼虫注意※※※

続きからご覧ください。



スポンサーサイト

やっと成功しました。
6日間ぐらい挑んで、2日目と今日だけ成功です。

♂はちょっと経てばおとなしくなりますが、♀は警戒心が高いようで長時間放置してからでないと♂のアタックに応じないみたいです。♂の脚に何度噛み付いたか・・・。噛みちぎられそうでヒヤヒヤしました。

今日は二回確認して合計三回交尾したので、♀を熟成させてから時間を見つけてセットを組もうと思います。
ヒラタ用に組んでいたセットが余っているので、それにマットを足そうと思います。
飼育復活しました!!!!!

PICT0298.jpg



やっと♀を入手。
5♂♂から2♂♂手放して、現在我が家には3♂♂います。
羽化は♂が約一年前で、♀が今年の二月です。餌はがっつり食べているので成熟もしているはず。

♀は一頭しかいませんので、必然と交尾できる♂も一頭に。
もちろんハンドペアリングで行います。
で、すべての♂で試してみましたところ、真ん中のサイズの個体がやっと交尾してくれました。
シェンクリンって、交尾意欲旺盛だと思ってましたがなかなか交尾しませんね。親は同居させたら勝手に仲良くなってましたが。
4日間挑みましたが、今のところ2日目だけ成功しました。でも一回じゃ心配なので、もう一度交尾させようと思います。
(欲を言えばもう一頭♀がほしいな……ボソッ)


ちなみにサイズは♂68ミリ、♀43.5ミリです。小さいですね。
18度一定管理で、おそらく栄養補給の最適温度帯より低い為に大きくならなかったのではないかと。
でも、その低温の効果かわかりませんが、同サイズの他血統個体と比べると太く感じます。
幼虫期間は調整しないといけませんが、蛹の期間は低温にして皮ギリギリまで太らせたほうが太い個体が産まれるみたいですね。ビークワの小○先生の記事にも書かれていました。

公式ギネスは一応89.1ミリとなっていますが、ビークワの掲載より前に発行されたくわがたマガジンの3号で89.5ミリの個体が掲載されています。大体9年ぐらい前でしょうか?
このサイズでもがっしりしたバランスのいい個体なので、間違いなく90ミリを超える種類だと思います。横幅が出るヒマラヤ系アンテが92ミリに達成していますし、シェンクも同じぐらい行くでしょう。



とりあえず、当面の目標は80ミリ作出です。
ちょうど累代不明個体同士、血の入れ替えができて一石二鳥です。長いブリードが楽しめます。
飼育技術がある方々のお話では、85ミリが壁となるようです?
菌糸かマットで悩む……。



・ラベル
学名:Dorcus schenklingi
和名:シェンクリンオオクワ
サイズ:♂68ミリ、♀43.5ミリ
累代:両方ともCB(異血統同士)
羽化:♂2011年8月上旬羽化、♀2012年2月羽化



以下、写真です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。