上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
ツノボソ増種しましたが、その前日に某ショップよりもう一種届いていました。



バンダエンシス♂

バンダエンシス♀


バンダヒラタ(バンダエンシス)
Dorcus bandaensis
バンダ諸島・バンダブサール島(ロンタル)
♂33ミリ ♀未計測



バンダ諸島のみに生息する「バンダヒラタ」です。最近は、バンダエンシスと呼ばれていることが多いかな?

産地は「ロンタル島」となっていましたが、バンダ諸島には「ロンタル」という島は存在しないようです。
「ロンタル島」とされている島は、「バンダブサール島」になるそうですね。
(「ロンタル」は、その島の地域名?(村名?)にあたるみたいです)

上記の理由から、こちらでは「バンダブサール島(ロンタル)」と表記することに致します。



何年か前にランバージャックの福袋でその名前を見たのが始めてでした。
WD入荷時は高かったみたいですね。
今はとても考えられないような値段になっていますが(笑)

ちなみにこのペアも英世一枚という超安売り状態でしたので、チャンス!と思って購入しました。
欲しい種はチャンスがある時に買わないと、なかなか巡り会えない……というのは痛感していますので……。
何気に流通から消えつつあるしね(^_^;)


系統的には、セラム島のサイガヒラタに近いそうです。
(この辺の虫は飼育したことないのでよくわかりません)
セラム島はバンダ海に面していますので、近縁種というのはありえそうです。



ツノボソ同様、ペアリングしたら即交尾していましたので産卵セットも一緒に組みました。
内容もツノボソと一緒で、小プラケに発酵マット固詰めです。


バンダエンシス産卵セット


バンダにはちょっと温度が低いような気はしますが、
幼虫が見えてこない限りは来年まで割り出さないと思います(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。