上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |



スーパーマニアック種、南米チリのチリハネナシクワガタです。

数年前に知人よりF2個体を1ペアお譲りいただき、色々と教えていただきながらギリギリの累代でなんとか繋いでいます。

産卵数が少ないので累代するのが精一杯で数に余裕が持てません。今のところ2年連続で採れていまして、2013年度に4頭、2014年度に6頭のF3幼虫が得られました。

結果的にはトータル10頭幼虫が得られたので安心できそうでしたが、先日幼虫の様子見をしたところ2014年度の幼虫がマットの劣化で3頭も落ちており、結局ギリギリな状態に戻りました。油断できません。

2013年度の幼虫は無事に羽化しましたが、3♂1♀と偏りました。油断できません。

1系統しかいないのでもう1系統確保しようと、今年の1~2月に2014年1月入荷のワイルドを1ペア買ってセットしましたが産んでませんでした。本当に油断なりません……。

2015年度は、まだ生きているF2とWD、羽化したF3と3ペア体制で産卵に挑みます。やはり、二桁は幼虫が欲しいところですね。

それなりに数が入ってるので抱えてる人もいるはずですが、市場に出ないので追加入手は難しそうてす。絶えないように、頑張って累代していきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。