オノレクワガタ



エクアドルのオノレクワガタが産卵してました。
 
セットしたわけではなく、羽化した容器のまま管理していたらいつのまにか幼虫が見えていたというパターンです。
 
このラインは、後から入手したラインでうちにいたラインとは別になります。
うちには2ラインいましたが、WF1の片方が失敗、片方が9頭しか取れなかったという惨敗に近い結果となり、累代が危うかったので知人から購入しました。
何故か、産まないメスが出るんですよね。成熟までの管理にクセがあるのかな…。
 
 
産んでることがわかったので、ちゃんとした産卵セットを組みました。
爆産祈願🙇
スポンサーサイト



Onorelucanus aequatorianus




エクアドルの小さくてかっこいいオノレクワガタWF1が羽化してきました。
青みがかったボディと翅に走る赤いライン、反り上がった顎と個人的な好みがドストライクな虫です笑
 
標高3000メートル前後に生息する虫なのでワインセラーで低温管理していましたが、実験で何頭か室温管理していた幼虫が早期羽化してきました。(1頭は腐海になっていましたが)
知人のところに送った幼虫も羽化しているようです。ちなみに繭玉を形成します。
 
飼育は、南米種の中では難しくない方だと思います。
次はF2を目指して累代します。
 
今年も面白い南米種入ってこないかな~
プロフィール

ナナシ

Author:ナナシ
クワガタムシの飼育をメインにしていますが、生き物全般が好きです。
採集もちょくちょく行きます。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
アクセス数
アクセスランキング
クリックお願いします♪
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる