上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
先日のシェンクリンの記事で、タイワンオオクワかヒメオオで迷っているという話をしましたが


タイワンオオクワを購入しました

PICT0525.jpg

PICT0530.jpg

<ラベル>
学名:Dorcus grandis formosanus
和名:タイワンオオクワガタ
産地:台湾・高雄縣(現在は高雄市になるみたいです)
累代:♂CB ♀CB(異血統)
羽化:♂♀ともに2012年6月


サイズは小さめで、♂が大体60ミリぐらいです。♀は30ミリUPぐらいでしょうか。
その代わり、タイワンオオクワにしてはかなり安く手に入りました。サイズなんて飼育で出せば……←
……飼育下手くそが何を言っているんですかね(

日本のオオクワガタと同じ飼育法・温度でブリードができますが、
実際に生息している標高は200m~2000mと標高差がかなりあります。
本来は、グランディスやシェンクリンのようにやや低温に飼育するのが最適なのかも?
日本の環境に耐えられるのは、台湾の低地でも生息しているので暑さにも耐性を持っている為だと思われます。なので、温度管理せずとも日本で飼育ができるのでしょうね。
この種は、日本のオオクワよりも適応環境が幅広いので、低温でも繁殖できるのではないでしょうか?(要検証)

サイズに関しては、国産オオクワより大きくなる傾向にあるみたいです。
80ミリ近いペアとか結構出回っていますよね。
知人は1100ccで79ミリ出しているらしいです……。頑張って大型にしよう。



で、何故ヒメオオではなくタイワンオオクワにしたのかということですが、
ヒメオオは天然個体が手に入りやすいので来年余裕ができた時に飼育しよう、というのが第一の理由です。
ヒメオオに適した?カワラ材も用意できていませんし……。

第二の理由は、タイワンオオクワは交雑疑惑のある個体が多いからです。
オクやネットで調べてみても、変な形をしている個体をよく見かけます。
全体のフォルムが国産やホペイに近かったり……。
ホペイとグランの中間のようなタイワンですが、台湾の図鑑ではどちらかというとグランに近いです。
交雑した血統は遺伝子的に弱いのか、累代が長く続かないみたいですね。
オオクワ系は比較的長く累代でき、タイワンオオクワに関してはインラインで10年以上ブリードしているというサイトも見つけました。

地元ショップではタイワンらしい個体を販売していたので、このペアを購入しました。ちゃんとした血統証明がされているわけではないですが、フォルム的には問題ないかなと考えています。
(というか純血統証明されているタイワンオオクワは数が少ないのでめちゃくちゃ値段が高いです……)

♀が混じっていた場合は……現状では判断がつかないので、ブリードして羽化した個体で判断しようと思います。
多分大丈夫だとは思いますが。


まぁ、オオクワ系はここ数年惨敗続きなのでブリードできる自信はありませんが、
卵さえ採れたら大丈夫だと思います。多分(


しかし、昨晩は部屋が14度とかなり低かったのですが、この♂はゼリーを食べていました……。
♀はマットで坑道みたいなのを掘っていましたね。
撮影の為に出しましたが、動きがかなり鈍いです。こんな状態でよくゼリー食べるなぁ……。

低温と言われるシェンクがマットに潜っているような環境でゼリーを食べるとは、やはりオオクワ系はすごいですね。


ではまた!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。