上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

ご無沙汰しています。すっかりブログ忘れてました
虫やら何やらモチベが上がらず、休日は寝てばかり…。勿体無いと思うのですが、何もやる気が起きません(^_^;)
とりあえず最近の虫変化を。
チベットアンタエウス、ようやく羽化しました。
結局2年かかってMT2本丸々食いましたが、サイズは80の大台には乗らず79止まりでした。でもめっちゃかっこいい…。
羽化後、我慢できずに蛹室壊して出してしまったので微妙に起きたっぽく、セラーで寝かせています。
メスとは1年羽化ずれですが、ぽっくりいかなければなんとかブリードできそうです。産地がザンムなので今後入荷することも少ないでしょうし、次世代に繋げたいですね。

雲南省西双版納自治区のアンテ雄がようやく羽化しました。
雌だけいまして、雄が無事羽化しなければ飼育断念していましたが、なんとか羽化してくれました。サイズが小ぶりなのはこの際仕方ないですね。
 
雲南ラベルのアンテは、2000年代初期に入荷した古い系統のようですね。
再入手は難しそうなので、頑張ってブリードします。



南米ブラジルのフェモラトゥスホソクワが、産んでくれました。
割と値段が高い時に購入したので、失敗したらお蔵入りと考えていましたが、無事幼虫が取れました。
メスは2セット目ですが、フセツが一本かけた程度で全然元気です。可能であれば、3セット目を組もうかと考え中です。
大歯型が見たいですね。
 
ホソクワは、ブルマイスターがかっこいいのでやってみたいですが、まだまだ高い虫なので手が届かないです(^_^;)
いずれやりたいと思います。


フェイスタメルシワバネの産卵に挑戦中ですが、なかなか難しいです。反応を見ながら6回ぐらいセットを変えましたが、卵一個だけしか取れていません。
種切の可能性(産んでないから多分違いそうですが)も踏まえてヤフオクに出ていたオス単を落とそうと思いましたが、ツイッターのフォロワさんのご厚意でオスをお借りできました。ありがとうございますm(_ _)m
この虫は非常に気が荒く、特にメスは威嚇しまくります。手に乗せたら噛み付いてきますね。威嚇は垂直に近い体制で前脚をふりまわしながら、顎を擦り合わせます。ミヤマをかなり凶暴にした感じです(^^;;
ハンドペアリングは全くできないので、メス殺しが怖いですが同居させたらメイトガードしていました。
寿命が心配ですが、B品にもかかわらず購入時の欠損以外全くありません。とはいえ、2月いっぱいが限界かと思われますので思いつく限りのセットを組んでみようと思います。
初挑戦ですので今回はとりあえず20卵取れたら成功基準にします。失敗したらまた次の冬に挑戦します。
  

昨年の8月末に採集したオニクワが爆産していました。
昨年は国産のオニクワ全種類やりましたが、成功したのは本土と九州だけです。
貴重産地の自己採集ラインなので、頑張って累代していきたいですね。
また今年も同じ場所に取りに行く予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。